先輩にインタビュー

05 通信事業 / アウトソーシング第2G グループ長
大原 朋幸さん / 2011年新卒入社
出身校:流通経済大学

目標達成を部下と共有できる喜び
そこに今のやりがいを感じています!

新卒入社8年目で現在グループ長(他の会社で言うと課長職)を務めています。部下が大体30~40人、年間予算2億というところを一任してもらっています。

グループ長になるまでは現場で営業をしていました。
ケンツーという会社は本当に風通しがよく、若手の現場社員の「やりたい」をきちんと具現化してくれます。しっかり成果を評価してくれる環境やノビノビと仕事ができる環境もあり、その環境を上司が作ってくれていたことが当時嬉しかったので、今は自分がそういう環境作りをしてあげたいなと思っています。

現場での営業の仕事もやりがいを感じながらやっていましたが、今はもっと大きなやりがいを感じられます。目標達成を部下と共有できる喜びや部下の成長を感じられる喜び。また自分の部署は自分の“色”が出せるので、今後ケンツーでやっていきたいこと・目指していきたいことを全面的に出せるのでやりがいを感じることができます。